特殊技術,SPECIAL TECHNOLOGY

超音波探傷試験 U T

チューブ内外面減肉/リアルタイム減肉マップ/局部減肉の検出/B、Cスコープ表示

水浸法のミラー回転方式のため、チューブ全長全面の内外面の減肉状況が、パソコン画面にリアルタイムに、Cスコープ(全面展開図)、Bスコープ(軸方向・周方向断面図)が表示され、減肉分布がわかりやすく、他社、他方式等の確認、詳細検査等に多用されています。

▶センサー部構造と測定原理

▶特 徴

  • すべての内外面減肉を対象。腐食損傷形態の把握に優れる。
  • 専用センサーは高速タービン回転方式。
  • 高速回転と軸方向移動で、全長全面の減肉展開図(Cスコープ)を表示。
  • 減肉展開図(Cスコープ)の表示はリアルタイム。重大減肉を速やかに報告。
  • 全長全面の検査に優れ、検査長は、管端より最長13mまで。
  • 測定データをすべてデジタル保存。詳細な経年調査に有用。
  • 高精度な測定データは、極値統計法等の余寿命評価に利用可能。
  • 接触媒質は、水。

 

注)別途、外面孔食検出に優れる「ATOM」も保有。

▶検査例

  • 各種熱交チューブのバッフル際の外面局部減肉、全長全面の内外面減肉。
  • エアフィンチューブの全長全面の内外面減肉。
  • ボイラー給水加熱器チューブの外面バッフル部減肉、内面局部減肉。
  • 抜管サンプリング検査の代用。
データ例
データ例
データ例のチューブ(抜管後)
データ例のチューブ(抜管後)