特殊技術,SPECIAL TECHNOLOGY

超音波探傷試験 U T

Easys-TB


タンク底板連続板厚測定装置/危険物保安技術協会「危評第0089号」取得

Easys-TB(イージス・ティービー)は超音波を用いた連続板厚測定装置です。有効幅21mmの探触子モジュール20個を、有効幅の一部が重なるように千鳥状に配置し、一度の走査で幅400mmの測定を可能にしました。

危険物保安技術協会の性能評価認定「危評第0089号」を取得しており、消防危第93号、消防危第27号通達による運用が可能です。

 

▶性能表示

測定可能な鋼材の種類及び厚さの範囲 炭素鋼(軟鋼・高張力鋼):3~48mm
測定可能なコーティング材
の種類及び厚さの範囲
エポキシ:0~2mm
タールエポキシ:0~2mm
ガラスフレーク:0~2mm
FRP:0~2mm
亜鉛:0~0.3mm
直線性 1.5~48mm
温度安定性 ±0.1mm以内/0~50℃
時間安定性 ±0.1mm以内/5時間
電圧影響 ±0.1mm以内/90~110V(定格電圧:100V)
位置検出精度 ±30mm以内(実測値:走査方向:±6mm 幅方向:±10mm)
腐食部検出精度 ±0.2mm以内
測定原理 ギャップ水浸法
測定方式 S-B1方式、I-B1方式
測定ピッチ 基本5mm
最大走査速度 500mm/sec.
用役 2相AC100V、水

▶測定原理

コーティングの施されていない試験体についてはS-B1方式にて測定します。コーティングの施されている試験体についてはI-B1方式で測定します。いずれの場合にもB1-B2測定を同時におこなっており、データの信頼性を高めています。

 


▶特徴
・400mm幅を最高500mm/sec.の速度で測定。
・全点のA-Scan(波形)を保存し、データの信頼性を確保。
・独自の探触子により低ノイズ高感度測定が可能。
・4モードゲートによる安定性・信頼性の高いデータを取得。
・大ストローク3軸ジンバル機構による優れた凹凸追従性。
・コンパクト設計による測定不能部の低減。


・フルカラー、8色、2値等多彩なマッピングによる優れた腐食認識性。
・コーティング上からの測定が可能。(コーティングの種類・厚さは性能表示を参照)
・全面測定による腐食状況の把握・保守安全性の向上。

▶解析中の画面例

※注意事項
・機器の持ち込みには、直径500mm以上のマンホールが必要です。
・コーティングの劣化や施工不良、探傷面の腐食(凹凸)や変形等、が顕著に認められる場合には測定ができない場合があります。